災害時にも安心!空気から飲料水を作るウォーターサーバーについて詳しく説明

このサイトでは災害時にも安心な、空気から飲料水を作るウォーターサーバーについて説明します。
空気を元にしているとなると、そこに含まれる花粉とかほこりが水にも入ってくるのではないかと心配されるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。
なお、空気中の水蒸気から水を作り出しますので、湿度に大きく左右されることは事実です。
ただし日本国内での利用であれば機器が作動しないほどの湿度になることはほぼありません。

災害時にも安心!空気から飲料水を作るウォーターサーバーについて詳しく説明

空気から飲料水をどのようにして作るのかと言えば、原理的には冬の寒い時期のガラス窓に結露が起きるのと同じであり、気温を下げることにより空気から水を作れるというか、含まれる水蒸気が凝結して液体の水になることを利用しています。
事前にフィルターを通して花粉やほこりは全て取り除きますので清潔で、電気があれば作れますので災害時にも強いのが特徴です。
湿度が低い時期は効率が落ちますが国内で使用している限りは動作自体にはほぼ問題ありません。

空気から飲料水ができる原理とは?

日本は世界でも有数な災害大国というのは知られていますが、何らかの災害によって水が使えなくなるという事態にしばしば見舞われます。
そんな時空気から水を作って飲料水にするとういう商品があります。
空気から水ができる原理とは、エアフィルターを使ってゴミやほこり等の不純物を取除き浄化します。
熱交換器によって、空気中の水分を結露させて水を作り出します。
その後また何層もの水濾過フィルターを使うことできれいな水を作り出すことが出来ます。
ただ単に空気といわれても、澄んだ空気のところもあれば汚れたところもあります。
でも上記の原理がわかれば、そんなことは関係がないということがわかると思います。
しかも水をためておく必要がないので、その分のスペースがいりません。
地下水であったり、海の水等、飲料水に適さない水はたくさんあります。
世界には水が足りなくて困っている国が、沢山あります。
この装置を使えば世界中の人々が、安心で安全な水を飲むことが出来るのです。

空気から作った飲料水は安心して飲めるのか?

空気から作った飲料水は、様々な異物等が混入していないか不安に感じる人も少なくありません。
地域によっては大気汚染が問題となっており、このような汚れた空気から取り出した水が安全なわけがないと否定的な考え方をする人も多いようです。
実際に空気から飲料水を作る仕組みは、空気中の水蒸気を取り出してこれを水の形に凝固させたものと考えられ、水蒸気は科学的に不純物を含まない状態であることがわかっています。
そのためその水蒸気を凝固させた水は基本的には不純物を含んでおらず、安心して利用できるものとなっているのが特徴です。
はい水の場合には様々な成分がその中に溶け出していると言うこともあり、その成分50分に確認しなければ安心できないと言う面がありますが、空気から取り出す場合には一切の不純物が存在していないため、これをそのまま利用する場合には非常に安全性が高いのがポイントとなります。
さらに製造過程で付着するものはフィルターで丁寧に取り除き、綺麗な状態を保つため安全なものとなっています。

空気から飲料水ができるまでの基本的な流れ

家庭用の電源を用いて、空気中の水分を使って、飲料水を作ることができる装置があります。
どのようにして空気から水を作るのか疑問にもたれると思いますので、水ができる流れを解説します。
まずは、水分を含んだ空気を取り込み、吸着フィルターにより空気中の水を吸着します。
次に吸着フィルターをヒータで温めて、フィルターについた水を蒸発させます。
この際、外気温との差によって水が発生し、発生した水を取り出すとともに、乾いた空気については放出します。
発生した水はろ過フィルターを通してろ過し、飲料水として生成するという流れになります。
空気から生成できる能力は装置の種類や温度、湿度などの状況によって異なりますが、家庭用のものであっても、1日に約4リットル程度は生成可能であることから、緊急時など断水となった場合、一時的であれば家族分の飲料用の水を確保することが可能です。
ランニングコストも一日あたり100円弱であり、大きな負担にはならない程度におさえられています。

空気から飲料水ができるまでにかかる時間とは?

空気から飲料水ができるまでにかかる時間ですが、これは装置の規模にもよります。
原理的には同じ装置であっても、規模が大きければそれだけ一度に多く空気から水を得ることができるためです。
家庭や小規模なオフィス需要向けのサイズであっても1日に10L程度は生成できますから、1hrで400mL程度ということになります。
全く水のストックがなくなった状態であっても、1hr待てばこれくらいは飲めることになるわけです。
一方で産業用の大型製品では、1日の生成量は10kLとか20kLといったものもあります。
20kLとすれば1hrあたりでは約800リットルになり、1分あたり10リットルを超える計算です。
さすがに普通の家庭にある水道の蛇口を一杯に開いて水を出しっぱなしにした場合には、これ以上の水量になるでしょうが、ダムや川から引いているのではなくて、それに匹敵するくらいの水を空気から作り出す能力があると考えればかなりの驚きということになるかもしれません。

空気から,飲料水に関する情報サイト
空気で作る飲料水

このサイトでは災害時にも安心な、空気から飲料水を作るウォーターサーバーについて説明します。空気を元にしているとなると、そこに含まれる花粉とかほこりが水にも入ってくるのではないかと心配されるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。なお、空気中の水蒸気から水を作り出しますので、湿度に大きく左右されることは事実です。ただし日本国内での利用であれば機器が作動しないほどの湿度になることはほぼありません。

Search